貸工場を利用するメリット

  • 貸工場で機動的な増産体制構築をしよう

    • 貸工場の良いところは、工場設備を自前で揃える必要がないという点にあります。

      埼玉の貸工場情報を厳選して紹介しています。

      確かに、貸工場といっても、生産に必要な機械などは自前でそろえなくてはなりません。

      教えて!gooについて興味がある方にオススメのサイトです。

      しかし、建物まで自前で揃えるとなると、莫大な費用が掛かります。それに加えて、工場が完成するまでに時間がかかるため、機動的に増産体制を構築することができないというデメリットもあります。



      そのため、貸工場を利用して、低コストで機動的に増産体制を整えることには、大きな利点があります。


      まず、市場の好機を逃さずに増産に入ることができます。
      現在需要があっても、工場が完成するころに需要が減少してしまえば、投資に見合ったリターンを回収できず、負債になってしまいます。

      その点、すでにある設備を活用する貸工場ならば、需要が減少する前に増産体制に入ることができるため、好機を逃しません。また、移動が楽というのもあります。
      自前で工場を所有する場合、投資コストがかかっているため、簡単に移転することができません。

      しかし、状況によっては拠点を動かすことが必要なこともあります。
      貸工場なら、賃貸借契約を解除するだけでよいため、追加コストを抑えて簡単に移転することができます。
      もちろん、資産として工場を所有していることにもメリットはありますし、長期的にみると、かえって低コストになることもあります。


      したがって、自分の状況に合わせていずれの選択肢が適しているのかを判断して選ぶようにしましょう。