貸工場を利用するメリット

貸工場を利用するメリット

会社経営で工場を使用する場合、自前の工場を作るのと、貸工場を利用するのでは、どちらがいいのでしょうか。


これについては、会社の経営規模や資金力によってベストな判断が変わります。
例えば、資金力が豊富な会社であれば、自前の工場を建てて、自分達の望むとおりの設備を充実させたほうがいいでしょう。そうしたほうが、設備に欠陥のある工場を使用してストレスをためることもありませんし、業務と工場設備をマッチさせるための調整を行う必要もありません。

一方、ベンチャー企業など資金力に乏しい企業の場合は、貸工場を利用したほうがいいでしょう。
その理由は、貸工場なら最初からある物を利用するだけになり、初期費用を安く抑えることができるからです。

自前の工場を持つとなると、土地を確保したり、設計を考えたり、設備を検討したり、周辺環境を調査するなど、いろいろな案件に時間と費用をかけなければならなくなり、規模の小さな会社にとっては相当な負担となります。

朝日新聞デジタルの情報が必要なタイミングで手に入ります。

貸工場であれば、自社の業務にマッチする設備が整った工場さえ確保できれば、あとは賃貸契約を結んで入居するだけとなります。

東京の貸し工場に関するご質問を解決いたします。

ただし、貸工場の質は物件によって違いがありますので、安心して使える工場を探すのに時間がかかる場合もありますし、なかなか好条件の物件が見つからないリスクもあります。
どちらを選んでもメリットとデメリットはあるわけですが、ともかくも小規模な企業にとっては、初期費用が抑えられるという点でレンタル工場が向いています。



  • これからの貸し倉庫

    • 貸工場は、工場設備を自分で用意するために必要なコストが低いため、低コストで製造開始したい人におすすめです。工場に必要なのは、建物と敷地、機械類ですが、このうち自分で用意するのは機械類だけです。...

      detail
  • 注目情報

    • 貸工場の良いところは、工場設備を自前で揃える必要がないという点にあります。確かに、貸工場といっても、生産に必要な機械などは自前でそろえなくてはなりません。...

      detail
  • 貸し倉庫の秘訣

    • 貸工場は、所有者から借りるタイプの工場です。もともと所有者が使っていたけれど、現在は使用していないために貸しに出されていることが多いです。...

      detail
  • サポート情報

    • 貸工場を利用することは、コストの関係で優れています。なぜなら、初期投資が低くて済むからです。...

      detail